プロの誇りがつくる味 播州ハム
HOME 商品一覧
定番商品 グルメ商品
送料込みセット 特選セット

セレクション
予算で選ぶ
人気で選ぶ
用途で選ぶ
店長に相談する

スペシャル
本物の頒布会
桃色吐息
骨付きハムの通販
オーダーメイド

播州ハム物語

お楽しみコーナー



買い物カゴ お届け・送料 ヘルプ よくあるご質問
製造工程のご紹介

おいしいソーセージが出来るまで

播州ハムでは、昔ながらの製法を守り、心をこめたハム造りを行っております。ここでは、ソーセージの製造工程をご紹介させていただきます。

動画配信はこちらをクリック。(サイエンスチャンネル提供・14分)
ソーセージができるまで動画配信
 


ソーセージとは
粗挽きソーセージ(荒挽きソーセージ) ソーセージの語源にはSau(牝豚)とSage(香辛料のセージ)という語が合成されてできたという説、ラテン語のSalsus(塩漬け)からきたという説、そしてSauce(塩水)とAge (寝かす)、つまり塩漬して熟成させた物がソーセージであるという説など諸説があります。
動物の消化器、特に腸管に詰めて作ることが多いため、我が国では腸詰めと訳されています。

ソーセージは使用する原材料やその製法によって何百種類もあります。
大きさや形も様々ですが、畜肉(豚肉・牛肉など)を細切りし、香辛料を加えて練り合わせてからケーシングに詰めた食肉加工品を一般にソーセージと呼んでいます。



原料肉の選別
よいお肉を選ぶことが、おいしいソーセージづくりの秘訣です。播州ハムのソーセージ造りには、新鮮で良質な国産豚肉・牛肉を使用。

小骨、筋、余分な脂肪を取り除いた赤肉を塩とよく混合後、冷蔵庫で3〜5日間熟成させます。



塩せき・熟成工程
塩せきした肉を挽きますじっくり、たっぷりと時間をかける事によって、良い塩が肉の旨みと結着力、保水力を最大限に引き出してくれます。

塩せき工程終了後、肉をミンチ状に挽き、カッティング工程に移ります。









前のページへ 1 / 2 / 3

 
HOMEプライバシー規約 | マスコミ紹介 | 会社案内 | 店長紹介 | サイトマップお問い合わせブログ
ソーセージの製造・販売 有限会社播州ハム工業所
フリーダイヤル0120-89-0868
Copyright(c) BANSHU HAM CORP ,All Rights Reserved