買い物カゴ お届け・送料 ヘルプ よくあるご質問
前のページへ

    
ベーコン ソーセージ ハム 生ハム
ローストビーフ アイスバイン 焼豚

ベーコンを使ったオープンサンド
・ライ麦パンのオープンサンド
1. まず最初にベーコンは本来、脂を食べる物であるという事をご認識下さい。そうすれば"2."以下の食べ方が理解できるかと思います。
・・とは言ってもどうしても脂肪が気になる人はさっと熱湯をかけてから料理をするとあっさり食べる事ができます。

2. ベーコンといって最初に思い浮かぶのは「ベーコンエッグ」。
少々厚めに(5mm以上)の厚さにスライスして頂きますと、肉本来の旨みを楽しめます。

3. ベーコンを西洋の鰹節といった人がいます。
スープや煮込み料理はもちろん、オムレツや野菜炒めにも味出しとして活用できます。(パスタとの相性も抜群です)
また、薄切りを軽く焼いてグラタンに入れる、きんぴらに味のアクセントとして入れるなど工夫次第でお料理の幅は無限に広がります。

各種ベーコン巻き
各種ベーコン巻き
ベーコンを使ったポトフ
コトコト煮込んだポトフ

4. お客様からの情報ではベーコンとガーリックの細かくしたものをオリーブオイルでカリカリに炒めて、それをちぎったレタスの上にジュッとかけて、バルサミコ酢をあえて食べるとすごくおいしいとの事です。

5. サイコロ状にカットしてソテーし、黒こしょうで味を整えるだけで、ちょっとした一品に早変わりします。(お酒の肴にお薦めです)
また、これをレタスを巻いてもおいしいかと思います。

6. ベーコンをフライパンで炒めて、出てきた脂で肉を焼くと格別です。
また、脂身の少ない肉(牛ヘレなど)の周りにベーコンを巻いて焼きますと肉の風味が倍増します。

7. お肉以外にもベーコン巻きにして焼くとびっくりする位食材のおいしさが倍増します。白ネギ、アスパラ、なすび、竹の子、フライドポテト用のポテト、牡蠣(かき)...などお好みの食材でお試し下さい。

パンチェッタ(イタリア式生ベーコン)のおいしい食べ方

・カルボナーナにはかかせないパンチェッタ
1. 細かく切ったパンチェッタを炒めて各種料理のベースとしてお使い下さい。煮込み料理にも良く合います。

基本的にはベーコンなので、上記ベーコンの食べ方は全て大丈夫です。ただし、加熱すると塩味がとても強くなりますので、調理の際には塩加減にご注意下さい。

2. 「生ハム」と同じ製法で作っていますのでそのまま生でも食べられます。生ハム同様薄くスライスしてお召し上がり下さい。

3. 短冊に切り、黒こしょうと炒めてワインでフランベ(火をつけて燃やし、アルコール分をとばして肉などに風味をつける方法)すると洒落た一品が出来上がります。

4. 意外な食べ方では「しゃぶしゃぶ」があります。薄めのポン酢でお召し上がり下さい。
 
 
ベーコンを使った料理レシピはこちらをクリック >>
ベーコンのご購入はこちらをクリック >>
パンチェッタのご購入はこちらをクリック >>
 
 

 
    
ベーコン ソーセージ ハム 生ハム
ローストビーフ アイスバイン 焼豚
 
 


前のページへ

 
HOMEプライバシー規約 | マスコミ紹介 | 会社案内 | 店長紹介 | サイトマップお問い合わせブログ
製造・販売 有限会社播州ハム工業所
フリーダイヤル0120-89-0868
Copyright(c) BANSHU HAM CORP ,All Rights Reserved